宮城のニュース

<ベガルタ>疲労回復へ軽めの調整

 J1仙台の宮崎キャンプは、午前のみ約1時間、軽めに調整した。ランニングや体幹トレーニングなどを行い、前日のJ2岡山との練習試合の疲れを癒やした。
 19日のミニゲーム中に脚の違和感を訴え、途中で切り上げたFWウイルソンが元気に参加。練習中はチームメートと笑顔を交わしていた。
 脚のけがなどを理由にMFハモンロペス、金眠泰、DF二見、常田、GK石川慧は、別メニューで調整した。DF蜂須賀はけがの治療のため、19日に続き練習場に姿を見せなかった。
 渡辺監督はウイルソンについて「問題ない」と強調。勝敗などを含め全て非公開で実施した前日の練習試合に関しては、「いい180分間だった。有意義な戦いができた」と話した。
 宮崎キャンプ7日目の22日は休養日。23日は午前と午後の2部練習を行う予定。(21日、晴れ、正午の気温11.4度)


2016年02月22日月曜日


先頭に戻る