宮城のニュース

<アーカイブ大震災>校舎失い ハンディ山積

南光台コミュニティ・センターの多目的室を仕切った教室で学ぶ1年生。授業に集中させるためボランティアがサポートする=2011年7月4日、仙台市泉区

 仙台市泉区の南光台小は東日本大震災で校舎が大きな被害を受け、全面的に使用できなくなった。近隣に児童772人を収容できるような施設はなく、子どもたちは3カ所に分かれて学校生活を送る。学校はボランティアや地域の人たち、保護者らの協力を得ながら、教育環境を少しでも整えようと工夫を凝らす。

◎学校で何が(4)分散授業(仙台・南光台小)

 南光台小は地震で、校舎と体育館の壁や柱に亀裂が入り、校庭も地割れした。1週間後の応急危険度診断では「危険」の判定を受けた。
 1年生4学級は入学以来、学校に隣接する南光台コミュニティ・センター多目的室で授業を受ける。段ボールで四つに仕切った空間が「教室」だ。他の学級の声や音が漏れ、先生の声が聞きにくかったり、児童の集中力を妨げたりもする。
 「こうするときれいに貼れるね」。2011年7月4日、1年4組の図工の授業で、宮城学院女子大4年の柳内亜希子さん(22)がテープやはさみの使い方を子どもたちに教えた。
 柳内さんは同大の災害復興ボランティア。大学側が協力を申し出て支援に当たっている。落ち着かない状況の中で、学習につまずかないようにするのが役目だ。先生の声が児童に届いているかどうかを確認し、学習を手助けする。
 1年生の学年主任の五十嵐深和子教諭(53)は「普通の学校でできることは、ここでもする。不自由さの克服を、子どもの自信につなげたい」と強調する。

 新学期は市内の他の小学校より4日遅い4月15日に始まった。当初は近くの学校や公共施設4カ所に分散。5月23日からは1年生がコミュニティ・センター、2〜4年生が南光台中、5、6年が八乙女中に間借りしている。
 教員は、原則として担任する学年が利用する施設に通勤する。全員がそろうのは週2回の打ち合わせの時だけ。飯塚巌校長と教頭、養護教諭が1日2回以上、3カ所を巡回し、配布物を届けるとともに、子どもたちの様子の把握に努める。
 授業とともに、学校行事でも苦労する。
 新学期が始まってから全校児童が一堂に会したのは、5月21日の運動会しかない。学校には久々に児童の歓声が戻ったが、校庭の補修が終わったのは運動会の3日前だった。玉入れ、綱引きなど事前練習の要らない種目が中心となった。
 4月23日の授業参観では、保護者に負担がかかった。きょうだいが通う家庭では、授業中に離れた施設の間を移動せざるを得なかった。
 6年生の息子と3年生の娘の母親(39)は「南光台中から八乙女中への移動で10分かかり、最後の5分しか見られなかった」と言う。学校はこのため、7月中旬の授業参観は、施設ごとに実施日をずらすことを決めた。

 子どもたちの環境を良くしようと、懸命の努力が続く。
 学校は校舎の図書室から持ち出した数十冊を段ボール箱に並べ、各施設の教室の近くに置いた。教員が定期的に本を入れ替える。
 離れた施設に通う児童の安全を確保するため、登下校の時間には、地域の人たちが通学路に立って子どもたちを見守り、学年を確認しながら誘導に当たっている。
 分散しての授業は、校庭にプレハブ校舎が完成する11月まで続く見通しだ。損壊した校舎について、地域住民や保護者らは建て替えを要望しているが、学校によると、補修か建て替えかの結論は出ていないという。
 飯塚校長は「児童を含め、多くの協力があって学校生活が送れている」と感謝しつつ、「早く全学年がそろって授業をしたい」と本来の姿に戻ることを待ち望む。(佐藤素子)=2011年7月7日河北新報
          ◆         ◆         ◆
 2011年3月11日の東日本大震災発生以来、河北新報社は、被災地東北の新聞社として多くの記事を伝えてきた。
 とりわけ震災が起きた年は、記者は混乱が続く中で情報をかき集め、災害の実相を明らかにするとともに、被害や避難対応などの検証を重ねた。
 中には、全容把握が難しかったり、対応の是非を考えあぐねたりしたテーマにもぶつかった。
 5年の節目に際し、一連の記事をあえて当時のままの形でまとめた。記事を読み返し、あの日に思いを致すことは、復興の歩みを促し、いまとこれからを生きる大きな助けとなるだろう。


2016年02月23日火曜日

先頭に戻る