宮城のニュース

<E番アナの応援席>茂木の練習観/目的意識 即戦力の風格

菅生翔平アナウンサー

 東北楽天は沖縄本島での実戦中心のトレーニングを終え、宮崎に移動しました。オコエ瑠偉外野手(東京・関東第一高)、吉持亮汰(大商大)、茂木栄五郎(早大)両内野手らルーキーがアピールしており、開幕1軍を目指しています。
 チームは実戦に軸足を移していますが、試合のない日には、シーズンを戦い抜くための練習も重要です。この時期に練習量を積んでおかないと、長いシーズン、どこかで失速してしまうというのが定説です。
 果たして、東北楽天でよく練習するのはどの選手なのか。久米島キャンプ中に、チームに加わったばかりの栗原健太内野手に聞いたところ、「(松井)稼頭央さんはすごい練習をしている。勉強になる」と話してくれました。
 てっきり若手の名前が出てくるかと思いきや、挙げたのは23年目のベテラン外野手でした。栗原選手いわく、「若手は確かに練習量で追い込むけど、稼頭央さんや銀次(内野手)の練習は、何を目的にやっているのか見ただけで分かる。レギュラークラスになると、自分に何が欠けていて、何を補わなきゃいけないかが分かってくるんだと思う。何を考えて練習をしているか、選手に聞いてみると面白いと思うよ」とのこと。
 その話を受け、練習取材をしていると、気になった選手がいました。茂木です。個別練習でスローイングを重点的に練習していました。ゴロを捕球して、ネットに投げる。空き時間にも何度もスローイングの動作を繰り返します。ほぼ毎日、個別練習で同じような練習に継続して取り組んでいるのです。
 茂木は「練習をする時は目的をもって必ずやるようにしています。ただ漫然とするのは嫌なので」と話していました。
 この選手はルーキーにして、栗原の言う「レギュラークラスの練習観」を持っている。そう感じました。実戦で結果を出し、取材に対しても堂々とした受け答え。まさにトータルな能力で即戦力と言えます。非常に楽しみな存在です。(東北放送アナウンサー)


2016年02月23日火曜日


先頭に戻る