青森のニュース

<酒気帯び運転>陸自隊員を停職処分

 陸上自衛隊第9師団(青森市)は22日、第5普通科連隊の3等陸曹(31)を停職15日の懲戒処分とした。同師団によると、3等陸曹は昨年8月19日、青森駐屯地の盆踊り大会で飲酒後、バイクで帰宅しようとした際に正門付近の路上で転倒し、酒気帯び運転が発覚した。青森署は酒気帯び運転容疑で今月19日に書類送検した。3等陸曹は23日付で依願退職するという。


関連ページ: 青森 社会

2016年02月23日火曜日


先頭に戻る