宮城のニュース
  • 記事を印刷

こりゃめでたい松竹梅 高校生考案の弁当発売

考案した弁当をPRする松島高の阿部さん(右)と高橋さん

 コンビニエンスストアのサークルKサンクス(東京)は23日、宮城県松島町の松島高の生徒が考案した弁当「こりゃめでたい松竹梅 松島高校弁当」を発売した。宮城、山形、福島3県のサンクス186店で3月7日まで販売する。
 炊き込みご飯は県産ひとめぼれを使い、カキだししょうゆで味付け。おかずは鶏肉の松風焼き風、竹輪(ちくわ)磯辺天、レンコン梅肉和えを入れて「松竹梅」を表現した。
 昨年、県主催の高校生地産地消お弁当コンテストで、松島高3年の高橋妃樹李さん、佐々木まおさん、阿部花織里さんが考案した弁当が優秀賞を受賞。今回はそれをアレンジし、コンビニで扱える弁当にした。
 松島高近くのサンクス松島高城店にも23日、弁当が並んだ。生徒たちは「コンビニで実際に並べられているのを見て、食べたいなと思った」と話し、買い物客に販売開始をPRした。価格は480円。


関連ページ: 宮城 経済

2016年02月24日水曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る