岩手のニュース
  • 記事を印刷

<アーカイブ大震災>自治体超え異例の同居

ピエロとあいさつを交わし、笑顔で「校舎」に入る児童たち=2011年7月5日午前8時20分ごろ、岩手県山田町船越の陸中海岸青少年の家

 東日本大震災で校舎が被災した岩手県大槌町大槌小(児童205人)と岩手県山田町船越小(児童159人)は、山田町にある県の研修施設「陸中海岸青少年の家」を一緒に間借りしている。自治体が異なる2校の「寄り合い所帯」は、不慣れな施設で可能な限りの教育機能を果たそうとしている。「授業に支障が出ないように」。さまざまな制約の中、教職員らは施設利用の調整に苦心を重ねている。

◎学校で何が(5)寄り合い所帯(岩手・山田町の船越小と大槌町の大槌小)

 朝の登校時間、2校の児童を乗せた9台の通学バスが、続々と青少年の家に到着する。2011年7月5日はボランティアの男性が扮(ふん)するピエロが、皿回しを披露して出迎えた。児童は大喜びでピエロに「おはよう」とあいさつし「校舎」に入った。
 「今日は朝から元気いっぱいね」。大槌小の小野寺美恵子校長(58)は笑みを浮かべた。
 震災前と環境はがらりと変わったが、子どもたちの元気な姿が学校に徐々に戻ってきている。
 2校は校舎が震災の被害に遭い、使用不能になった。それぞれ他校を間借りすることも考えたが、受け入れ人数に限りがあった。
 山田、大槌の両町教委ともに「児童を離れ離れにしたくない」と、一校丸ごと入れる施設を探した。たどり着いたのが、大槌小から直線で約7キロ、船越小からは約4キロ離れた青少年の家だった。

 異例の学校生活は4月下旬に始まった。
 2校は青少年の家の体育館や研修室を間借りしている。高さ約2メートルの板材の間仕切りや段ボールを使い、2校の計12学級の教室と職員室のスペースを設けた。
 震災前のそれぞれの学校と比べると、不自由さは否めない。
 間仕切りがあっても隣のクラスの声が聞こえ、気になることも多い。顕微鏡などの器具がそろわず、理科の実験も満足にできない。体育はグラウンドで行うが、プールはない。雨の日は体育館を使いたいところだが、既に職員室や教室に転用されてしまっている。
 子どもたちが落ち着きを取り戻せるように、授業を最優先させたため、船越小は5月に開催予定の運動会を10月に、大槌小は修学旅行や遠足を2学期に延期した。
 「制約は覚悟していた。それでも工夫し、できる範囲で取り組んでいる」。船越小の佐々木道雄校長(54)は説明する。
 ある学級の音楽の時間には、隣の学級は外で体育の授業。グラウンドの使用が重なる時は片方に広く割り当て、もう一方は狭い方を使い、次の機会に入れ替える。
 演奏家や著名人の慰問があるときは、互いに参加を呼び掛けるなど交流も図った。「できないこともあるが、この場所だからできることもある」。2校の校長は口をそろえる。

 そんな教育現場の「寄り合い所帯」も今月下旬に始まる夏休みが明けると、解消される。
 大槌小が、大槌町寺野地区に9月に完成する見込みの仮設校舎へ、被災した同町の小中学校計4校とともに移るからだ。
 町教委の鎌田精造学務課長(50)は「児童や教職員の負担を軽くする意味でも、一日も早く町内で学校生活を送らせてあげたい」と言う。
 残る船越小は大槌小の移転で、体育館や研修室を広く使えるようになるが、青少年の家での間借りは少なくとも2012年度まで続く見通しだ。
 山田町教委の甲斐谷義昭教育次長(56)は「仮設ではなく、本校舎の新築を考えている。少しでも早く建てたい」と強調する。(布施谷吉一)=2011年7月9日河北新報
          ◆         ◆         ◆
 2011年3月11日の東日本大震災発生以来、河北新報社は、被災地東北の新聞社として多くの記事を伝えてきた。
 とりわけ震災が起きた年は、記者は混乱が続く中で情報をかき集め、災害の実相を明らかにするとともに、被害や避難対応などの検証を重ねた。
 中には、全容把握が難しかったり、対応の是非を考えあぐねたりしたテーマにもぶつかった。
 5年の節目に際し、一連の記事をあえて当時のままの形でまとめた。記事を読み返し、あの日に思いを致すことは、復興の歩みを促し、いまとこれからを生きる大きな助けとなるだろう。


2016年02月24日水曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る