秋田のニュース
  • 記事を印刷

<上村愛子>モーグルの魅力と食の大切さ説く

競技の思い出を語る上村さん

 フリースタイルスキーのモーグル元日本代表上村愛子さん(36)のトークショーが24日、秋田県庁であり、秋田市山王中2年生と保護者ら約250人に、選手時代の思い出や食事の大切さを語った。
 中学2年でモーグルを始めた上村さんは「練習で学校行事に参加できないことも多かったが、温かく迎えてくれた級友がすてきな思い出をつくってくれた」と振り返った。栄養の大切さにも触れ、「バランス良く食べることで、短時間で体力が回復するようになった」と述べた。
 陸上競技をしている三浦怜華さん(14)は「試合前は緊張で食事が喉を通らないこともある。上村さんの話を聞き、頑張ってしっかり食べようと思った」と話した。
 トークショーは、仙北市のたざわ湖スキー場で27、28日に開かれるフリースタイルスキーのワールドカップ秋田たざわ湖大会の関連行事として県が主催した。


関連ページ: 秋田 スポーツ

2016年02月25日木曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る