青森のニュース

<参院選>横山氏出馬見送り 青森市長選へ

 夏の参院選青森選挙区(改選数1)に日本を元気にする会公認で立候補する意向を表明していた元衆院議員横山北斗氏(52)は24日、青森県庁で記者会見し、出馬を見送る一方、来年4月23日に任期満了を迎える青森市長選に無所属で挑戦する考えを明らかにした。
 市の第三セクター「青森駅前再開発ビル」が運営する複合商業施設「アウガ」の再建やJR青森駅前開発、新市庁舎建設など市政課題への対案を早急にまとめ、3月中にも示す方針。
 横山氏は青森市長を志す理由について、昨年12月の参院選出馬表明後に始めた支持者のあいさつ回りで、問題が山積する県都再生のため、市長選への立候補を勧める声が圧倒的に多かったと説明した。
 「市長選を目指して政治活動を本格化させる。人口減少社会、財政赤字を前提に政策を練るのではなく、行政力で市民サービスを充実させる市長が求められている」と強調した。


2016年02月25日木曜日


先頭に戻る