宮城のニュース

空き家から手りゅう弾 住民70人避難、回収

回収した手りゅう弾を運ぶ警察車両=25日午後11時5分ごろ、仙台市青葉区国見ケ丘5丁目

 25日午前11時25分ごろ、仙台市青葉区国見ケ丘5丁目の2階建ての空き家内で、工事中のリフォーム会社社員が「拳銃のようなものを見つけた」と警察に通報した。駆け付けた警察官が空き家内から安全ピンが付いた手りゅう弾、拳銃、実弾を発見した。けが人はなかった。
 宮城県警機動隊の爆発物処理班が出動し、同日午後10時50分ごろ、手りゅう弾などを回収した。太平洋戦争時代の旧式ではなく、比較的新しいものである可能性が高いという。
 県警は手りゅう弾の回収に当たり、爆発の危険性があるとして同日夜、半径100メートルの約60世帯に避難を呼び掛け、近くの吉成中と集会場に一時、約70人が避難した。
 県警銃器薬物対策課などによると、空き家は仙台市内の不動産会社が所有し、リフォーム工事中だった。県警が銃刀法違反や火薬取締法違反などの疑いで調べている。
 現場近くに住む主婦(67)は「手りゅう弾と聞き、びっくりした。閑静な住宅街なので信じられない」と話した。夫と車で避難した50代の主婦は「10年以上、空き家で誰が住んでいたか分からない。暴力団関係者は住んでおらず、治安はいいはずなのに…」と疲れた様子で話した。
 現場は吉成中から南東に約500メートルの閑静な住宅街。


関連ページ: 宮城 社会

2016年02月26日金曜日

先頭に戻る