岩手のニュース

「肩っこ、やわけぐ」盛岡弁ラジオ体操CDに

発売された盛岡弁ラジオ体操のCD

 盛岡観光コンベンション協会は、「盛岡弁ラジオ体操第一」のCDを発売した。おなじみのラジオ体操のピアノの曲に合わせ、軽快な盛岡弁の掛け声を収録した。同協会の担当者は「笑いながら体を動かして、盛岡弁に親しんで」と話す。
 盛岡弁しゃべってみるす会代表の福島紀子さん(75)と、同市のシンガー・ソングライター田口友善さん(63)がそれぞれ、掛け声を収録した2曲入り。
 2人が考案した「曲がった腰っこ 伸ばすむしぇ」「腕っこ 回スて グーンとでっかぐ 肩っこ やわけぐ」といった盛岡弁の掛け声が響く。
 CDジャケットは同市の画家岩本理恵さんが描き下ろした。岩手山と中津川を背景に、河原で体操する家族を描いた。
 CDは、昨年9月に同市で開かれた「おでって盛岡弁予備校」で発表した際、来場者から好評だったことを受け製作した。
 福島さんは「盛岡弁を話す人が少なくなり、子どもたちにとっては外国語。お年寄りから言葉を教わりながら、一緒に体操してほしい」と呼び掛ける。
 税込み1000円。連絡先は市観光文化情報プラザ019(604)3305。


関連ページ: 岩手 社会

2016年02月26日金曜日


先頭に戻る