山形のニュース

<参院選山形>共産、舟山氏支援へ

 今夏の参院選山形選挙区(改選数1)で、共産党山形県委員会は25日、昨年11月に発表した党公認候補の擁立を取り下げ、無所属で立候補する元議員舟山康江氏(49)=民主、維新、社民推薦=を支援する方向で調整を始めたと発表した。
 安全保障関連法廃止などを公約することや、共産党と選挙協力する意思があることが確認できれば、舟山氏を野党統一候補として推す。民主党県連とは協議を始めることで合意し、舟山氏本人や社民党県連、連合山形にも順次、打診する。
 共産党県委員会は昨年11月、新人で党村山地区准地区委員の石山浩行氏(34)を擁立すると発表したが、党本部は今月22日、改選1人区で野党共闘を重視する方針を示した。石山氏は比例代表の単独候補に回る。
 山形選挙区は、自民党が元全農山形県本部副本部長の月野薫氏(60)を擁立する。幸福実現党の県本部副代表城取良太氏(38)も立候補を予定する。


2016年02月26日金曜日


先頭に戻る