宮城のニュース

<ベガルタ>きょう開幕 アウェー横浜M戦

穏やかな表情で練習を見守る渡辺監督(左から3人目)

 J1仙台の宮崎キャンプは26日、宮崎市内のKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で、午前のみ約1時間の練習をして、33日間(オフを含む)に及ぶキャンプの全日程を終えた。選手らは同日午後、空路で宮崎を離れた。27日にリーグ開幕戦アウェー横浜M戦(18時半・日産スタジアム)に臨む。
 試合前日のため、軽めに調整した。選手らは和やかな雰囲気で、3グループに分かれてパス回しを行ったり、セットプレーの立ち位置などを確認したりした。
 脚のけがなどを理由に、MFハモンロペス、DFの蜂須賀と常田、GK石川慧が全体練習を回避した。
(晴れ、正午の気温10.4度)


2016年02月27日土曜日


先頭に戻る