山形のニュース

華やかに「山形女子蕎麦」キャンペーン

「女子蕎麦セット」を試食する女性客

 山形県内のそば屋28店が、それぞれ独自の女性向けセットメニューを提供するキャンペーン「やまがた女子蕎麦(そば)」が27日に始まる。26日は山形市内で試食会があり、招待された女性客らが舌鼓を打った。
 山形市七日町の「そば処庄司屋」に主婦や女子高生ら30人が招かれ「女子蕎麦セット」を味わった。ネギがたくさん入った南蛮そばに、炊き込みご飯やサラダなどが付き、1350円で提供される。
 山形商高3年の阿部みなみさん(18)は「色とりどりの華やかなセット。品数が多くて見るだけで楽しかった。他店のメニューも試したい」と笑顔で語った。
 キャンペーンは4回目で3月21日まで。参加店は冷温さまざまなそばに、小鉢、おにぎり、ケーキなどを付け「女子蕎麦セット」として数量限定で用意する。900〜1620円。農業生産法人「山形ガールズ農場」(村山市)が栽培した県産品種「でわかおり」のそば粉を使う店もあるという。
 企画した鈴木製粉所(山形市)の鈴木文明専務(49)は食べ歩きを推奨し「女性が気兼ねせず、そば屋ののれんをくぐれるきっかけになればいい」と話した。


関連ページ: 山形 経済

2016年02月27日土曜日


先頭に戻る