宮城のニュース

<ベガルタ>横浜M下し 開幕戦白星

横浜M−仙台 前半19分、先制ゴールを決めた三田(左)を祝福する梁勇基(右)ら仙台イレブン(写真部・鹿野智裕撮影)

 史上最も早く、初の2月スタートとなったサッカーの明治安田J1が27日、各地で開幕した。仙台は横浜市の日産スタジアムで横浜Mを1−0で下し、白星発進した。

 仙台は前半19分に新加入のMF三田啓貴がミドルシュートを決めて先制。後半は攻め込まれる場面もあったが、GK六反勇治らの好守で逃げ切った。
 仙台は第2節の3月6日、本拠地である仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台にFC東京を迎える。
 J1は2季連続で2ステージ制が採用され、18クラブが総当たりで争う。年間勝ち点3位以上と各ステージ覇者の最大5チームが11月からのチャンピオンシップに進み、年間王者を決定する。リオデジャネイロ五輪期間中もリーグ戦は実施される。


2016年02月28日日曜日


先頭に戻る