宮城のニュース

<東京マラソン>村山謙太「楽しみ」

東京マラソンを前に取材に応じる村山謙

 リオデジャネイロ五輪男子の日本代表選考会を兼ねた東京マラソンは28日に行われる。有力選手は27日、スタート地点の東京都庁近くの宿舎周辺で最終調整し、31歳の今井正人(トヨタ自動車九州、福島・原町高−順大出)は「余裕を持って、いいレースになればいい」と穏やかに話した。
 2012年ロンドン五輪代表の藤原新(ミキハウス)は「練習はできたし、いい感じ。順位はなるようになる」と笑みを浮かべた。前回25位に終わった雪辱を期す松村康平(三菱日立パワーシステムズ長崎)は「気持ちの余裕は去年よりある。先頭集団でいけるところまでいく」と述べた。
 23歳で初マラソンの村山謙太(旭化成、宮城・明成高−駒大出)は「自分でもどれくらいできるか楽しみ」とリラックスした表情だった。
 海外勢はロンドン五輪覇者のスティーブン・キプロティク(ウガンダ)、世界歴代2位の2時間3分13秒の記録を持つエマニュエル・ムタイ(ケニア)らが走る。
 ペースメーカーは1キロ3分を切る設定で30キロまで引っ張り、順当なら2時間5分台が出る。


2016年02月28日日曜日


先頭に戻る