秋田のニュース

多彩な芸術楽しんで 大学が23の企画発信

教員らの作品を展示する「あきたアーツ&クラフツ頂上へのみち」=秋田市の赤れんが郷土館

 秋田公立美術大は先月から、秋田市内で約半年にわたって23の芸術イベントを開く「〜AKITA ART TRIP〜 AKIBI PEAKS(アキビピークス)」を実施している。
 教員らが個々に開催していた絵画、彫刻、ガラス細工、デザインといった展覧会やワークショップなどに、大学としての統一感を出すのが目的。
 現在は、赤れんが郷土館で、15人の教員らが制作した作品の展示会「あきたアーツ&クラフツ頂上へのみち」(4月17日まで)など4イベントを開いている。
 目玉の一つ「アートプレゼンテーションライブ」は3月20日、にぎわい交流館AUである。学生から投票で選ばれた教員5人が、自身の創作活動を音楽やダンスを交えたライブ形式で発表する。秋田の地酒や料理を提供し、一般の人も楽しめる場にする。


関連ページ: 秋田 社会

2016年02月28日日曜日


先頭に戻る