秋田のニュース
  • 記事を印刷

<潟上女性殺害>捜査急進展 関係者驚き

 事件発生から約8年2カ月。秋田県潟上市で2007年にアルバイト小林柳子さん=当時(55)=が殺された事件で、秋田県警が殺人容疑で秋田市の無職速水はる容疑者(64)を逮捕した28日、現場となった小林さんの自宅周辺住民や遺族からは、忘れられかけた事件の捜査の進展に驚きの声が上がった。
 県警によると、県警は逮捕直後の午後1時すぎ、小林さんの遺族に逮捕を知らせた。遺族は「びっくりしました」と驚いた様子だったという。
 小林さん宅は八郎潟に近い住宅街にあり、近所の住民によると空き家になったまま。事件後、家の前に街灯が設置されたが、近くに住む女性(64)は「相変わらず薄暗くて怖かった」と不安を感じていた。
 近所の住民によると、事件は地域で話題になることは少なくなっていた。
 一方で県警は毎年、事件が起きた12月に現場周辺で検問をするなど捜査を続けた。40代女性は「事件のことを忘れたりもしたが、検問がある度に思い出した。(逮捕で)一安心」と語った。
 捜査本部によると、速水容疑者は事件当時、会社勤めをしていた。自宅アパートの別の部屋の男性は「付き合いはなく、顔も知らなかった」と話した。


関連ページ: 秋田 社会

2016年02月29日月曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る