広域のニュース
  • 記事を印刷

<あの時政治は>菅の態度が破談招く

 2011年3月11日、東北は悲惨の極地と化した。あの時、政治は民主党政権の下、自民党など野党との大連立構想が浮上し、消えた。空前の規模の復興予算編成は、政局という激烈な痛みを伴った。そして、東京電力福島第1原発事故。事態は政治の機能不全をあざ笑うように深刻の度を深めていった。未曽有の危機に遭遇した11年の政治を三つのシーンから振り返る。(敬称略。肩書きは当時)

◎震災5年(上―1)幻の大連立

 首相菅直人は3月19日、自民党総裁谷垣禎一と電話会談し、復興に与野党一体で取り組むため、政権に加わるよう提案。谷垣に入閣を求めた。谷垣は即拒否した。大連立構想はその後もくすぶり続けた。
 密命を帯びた伝言が永田町を走った。
 震災から1週間の18日夜、首相補佐官寺田学(衆院秋田1区)は、菅から谷垣へのメッセージを使者に託した。
 「首相が一対一で会いたいと言っている」。メッセージに込められた重みを察した谷垣は「あす、党本部の代表電話にかけてくれればいい」と応じた。
 危機に直面した官邸。強力な政権の構築を求める空気が政界を覆っていた。
 密命を預かった寺田は、谷垣が民主、自民の大連立に前向きとの情報を得ていた。寺田は菅が「助けてくれ。救国内閣をつくろう」と低姿勢で接する場面を想像した。
 19日午後、官邸執務室から自民党総裁室に電話がつながった。2者会談の了承を取り付けるだけの段取りだったが、菅は谷垣に副総理での入閣要請にまで踏み込んだ。「手伝うのは当然だろう」と言わんばかりの菅。うんざりした谷垣は即座に断った。
 「首相が頭を下げていれば違っていた。露払いが必要だった。自分も政治的熟度が足りなかった」。寺田は「大連立が成立していれば、今の『1強多弱』の政界構図も異なっていたのでは…」と悔やむ。
 その頃。被災地では、死者が戦後最悪の6911人に達したことが判明。福島第1原発は1、3号機が爆発。炉心溶融が始まっていた。


2016年02月29日月曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る