広域のニュース

<東京マラソン>高宮8位 日本勢最高

 世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」で、10回目を迎えた「東京マラソン」は28日、東京都庁前から臨海副都心の東京ビッグサイトまでのコースで行われ、リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた男子の日本勢は28歳の高宮祐樹(ヤクルト、福島・二本松工高−城西大出)が2時間10分57秒で8位となったのが最高で、代表入りをアピールできなかった。
 フェイサ・リレサ(エチオピア)が2時間6分56秒で初優勝し、2012年ロンドン五輪覇者のスティーブン・キプロティク(ウガンダ)は4位だった。19歳の下田裕太(青学大)が10位、一色恭志(青学大、仙台育英高から転校、愛知・豊川高出)が11位だった。服部勇馬(東洋大、仙台育英高出)は12位、今井正人(トヨタ自動車九州、福島・原町高−順大出)は13位、村山謙太(旭化成、宮城・明成高−駒大出)は30位、ロンドン五輪代表の藤原新(ミキハウス)は44位に終わった。
 女子の日本勢は奥野有紀子(資生堂)の2時間31分17秒の10位が最高で、ヘラー・キプロプ(ケニア)が2時間21分27秒の大会新記録で制した。
 国際レース化した車いすの部は女子で土田和歌子(八千代工業)が9連覇し、男子日本勢最高の3位に入った洞ノ上浩太(ヤフー)とともにリオデジャネイロ・パラリンピック代表に決まった。(スタート時晴れ、気温13.3度、湿度34%)

 ◇東京マラソン男子成績
(1)リレサ(エチオピア)2時間6分56秒
(2)キピエゴ(ケニア)2時間7分33秒
(3)チュンバ(ケニア)2時間7分34秒
(4)キプロティク(ウガンダ)2時間7分46秒
(5)キルイ(ケニア)2時間8分6秒
(6)キプタヌイ(ケニア)2時間8分55秒
(7)E・ムタイ(ケニア)2時間10分23秒
(8)高宮祐樹(ヤクルト)2時間10分57秒
(10)下田裕太(青学大)2時間11分34秒
(11)一色恭志(青学大)2時間11分45秒
(12)服部勇馬(東洋大)2時間11分46秒
(13)今井正人(トヨタ自動車九州)2時間12分18秒
(30)村山謙太(旭化成)2時間16分58秒

 ◇東京マラソン女子成績
(1)ヘラー・キプロプ(ケニア)2時間21分27秒=大会新
(2)ゴベナ(エチオピア)2時間21分51秒
(3)E・キプラガト(ケニア)2時間22分36秒
(4)ケベデ(エチオピア)2時間23分1秒
(5)B・ディババ(エチオピア)2時間23分16秒
(6)デミセ(エチオピア)2時間25分4秒
(7)ディド(エチオピア)2時間25分50秒
(8)ノイエンシュワンダー(スイス)2時間27分36秒
(9)アンデション(スウェーデン)2時間30分2秒
(10)奥野有紀子(資生堂)2時間31分17秒


2016年02月29日月曜日


先頭に戻る