秋田のニュース

<潟上女性殺害>交際トラブルか

 2007年12月、秋田県潟上市飯田川下虻川、アルバイト小林柳子さん=当時(55)=が自宅で殺害された事件で、殺人の疑いで秋田県警五城目署に逮捕された秋田市泉南1丁目、無職速水はる容疑者(64)が、小林さんと人間関係をめぐるトラブルを抱えていたことが29日、同署捜査本部への取材で分かった。捜査本部はトラブルが殺害につながったとみて動機の解明を進める。
 関係者によると、速水容疑者と小林さんは共通の知人男性をめぐり交際上のトラブルを抱えており、小林さんは周囲の人に相談していたという。
 捜査本部によると、速水容疑者は小林さんと少なくとも07年9月ごろから何度か会っており、小林さんの自宅を訪れたこともあった。速水容疑者は「当時のことを覚えていない」と容疑を否認しているという。
 小林さんは1人暮らし。県警は殺害現場から金銭が盗まれていないことなどから、小林さんの交友関係を中心に捜査。事件発生当初から速水容疑者を任意で事情聴取し、関係先として自宅を家宅捜索していた。
 同署は1日、速水容疑者を送検する。


関連ページ: 秋田 社会

2016年03月01日火曜日


先頭に戻る