宮城のニュース

<南蔵王スキー大会>雪不足で中止

 白石市のみやぎ蔵王白石スキー場で6日開催予定だった、第43回河北新報杯争奪南蔵王アルペンスキー競技大会(宮城県スキー連盟、NPO法人不忘アザレア、河北新報社主催)は、雪不足のため中止が決まった。
 大会事務局によると、スキー場の積雪は平均50センチあるが、競技で使うコースは少ない場所で10センチ程度。安全面を第一に考え、開催中止を決めたという。
 担当者は「今季序盤からの雪不足が響いた。大会が中止になるのは、十数年聞いたことがない」と話している。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年03月02日水曜日


先頭に戻る