宮城のニュース

<仙台パルコ>スキンケアや衣料充実4日新装

東北初出店のキールズの店舗イメージ

 仙台パルコ(仙台市青葉区)は4日、リニューアルオープンする。新規出店は東北初の3店を含む5店、改装は3店。スキンケアなどの分野を強化し、主要な客層の20代後半の女性に加え、30代の利用増を狙う。
 2階に創業165年の米国発スキンケアブランド「キールズ」と、女性向けギフト店「メゾン ド フルール」が東北初進出。宝飾品2店と腕時計店もリニューアルする。
 4階には女性カジュアル店「マウジー」が開店。7階は、男性衣料品店「ハイストリート/ダーナヴィエ」が東北に初めて店舗を構える。男性衣料品店「バッファローボブズ」も出店する。
 仙台パルコがあるJR仙台駅周辺は商業施設の出店や改装が相次ぐ。3月に北海道新幹線が開業するなど商圏の動きは活発だ。担当者は「人気店の出店を機に、大人の働く女性を呼び込みたい」と説明する。


関連ページ: 宮城 経済

2016年03月03日木曜日


先頭に戻る