福島のニュース

通行人お手柄 詐欺容疑の少年逮捕

 成り済まし詐欺で70代女性から現金300万円をだまし取ったとして、福島県のいわき中央署は2日、詐欺の疑いで、神奈川県厚木市の無職少年(18)を現行犯逮捕した。路上で現金の受け渡しを目撃した通行人がとっさの判断で被害者に声を掛け、逮捕につながった。
 逮捕容疑は仲間と共謀し2日午前10時〜午後2時ごろ、いわき市の70代女性方に息子を装い「会社のお金をなくした」「お金を都合付けてくれ」「上司の息子に取りに行かせる」などと数回電話。同日、女性を市内に呼び出し、現金300万円をだまし取った疑い。
 同署によると、現場を通り掛かった別の女性が、分厚い封筒を少年が受け取るのを不審に思い、70代女性に「いま何を渡しましたか」などと問い掛けたところ、少年が逃走。女性は知人2人と追跡し、途中で出会った署員が逮捕した。


関連ページ: 福島 社会

2016年03月03日木曜日


先頭に戻る