広域のニュース

<震災5年>両陛下16〜18日被災地訪問

 天皇、皇后両陛下は16〜18日、東日本大震災からの復興状況を視察するため宮城、福島両県の被災地などを訪問される。両県の被災地視察はそれぞれ5回目。
 両陛下は専用列車で16日午後に福島県に入り、葛尾村が役場出張所を置く三春町を訪れる。東京電力福島第1原発事故の避難者らと懇談し、同日夕に専用列車で宮城県に移動する。
 17日は午前に石巻市の県水産会館を訪ね、震災で亡くなった漁業関係者の慰霊碑に拝礼。午後は女川町で被災事業者が入居するテナント型商店街「シーパルピア女川」や水産加工会社を視察する。
 18日は仙台市青葉区の東北大川内キャンパスで、震災と医療をテーマにした日本循環器学会の企画展示を見学する。午後に専用列車で皇居に戻る。
 両陛下は岩手県にも、秋に開かれる国体に合わせて訪問する見通し。


2016年03月03日木曜日


先頭に戻る