福島のニュース

原町共栄クリーン破産

 福島県南相馬市の産業廃棄物処理会社、原町共栄クリーンは福島地裁に自己破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けた。決定は2月24日付。負債総額は確定していない。
 東京商工リサーチ福島支店によると、同社は1991年、最終処分場建設を目的に設立。住民の反対運動や建設差し止め訴訟などにより計画が遅れたが、2008年に東京の大手建設会社に総工費70億円の半額を着手金として支払い着工した。
 13年5月、処分場の設置許可を取り消す最高裁判決が確定。元社長と元取締役は昨年11月、建設契約の解除に伴い返還された2億5000万円を流用し、会社に損害を与えたとして、福島県警などに会社法違反(特別背任)の疑いなどで逮捕、起訴された。


関連ページ: 福島 経済

2016年03月04日金曜日


先頭に戻る