宮城のニュース
  • 記事を印刷

<ツタヤ図書館>事前利用登録2000人に

図書館スタッフ(右)に利用者登録の説明を受ける利用希望者

 JR仙石線多賀城駅前に21日に移転開館する新多賀城市立図書館で、利用者登録が行われている。利用者カードとして、指定管理者のカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が発行する「Tカード」を選ぶこともできるため、多くの市民が事前登録に訪れている。17日まで。

 21日以降も利用者登録はできるが、開館後の混雑を避けたい人のために事前に実施している。利用者カードは、(1)従来の利用カードへの機能付加(2)Tカード機能付きのカード取得(3)利用者が持っているTカードへの機能付加−の3種類から選べる。
 Tカードは、CCCが展開する大手レンタルTSUTAYA(ツタヤ)などで使えるポイントサービス付き。全国で5400万枚が発行されている。CCCによると、2月23日の登録開始後に約2000人が登録し、うち約90%がTカードを選んだ。併設の書店やカフェを利用するとポイントが付くためとみられる。
 12歳以下は保護者の同意が必要で、13歳以上は身分証明書を提示して本人が登録する。Tカードの導入に際しては、個人情報の流出などを懸念する声がある。図書館利用者の個人情報は運営業務に限定し、資料の貸し出し履歴も返却後すぐに削除される。
 CCCは「登録には1人に10分以上、時間をかけて説明している。Tカードに誘導せず、選択肢として提示している」と説明する。
 連絡先は新図書館022(368)6226。


関連ページ: 宮城 社会

2016年03月05日土曜日

  • 記事を印刷

先頭に戻る