岩手のニュース

<民・維新党>岩手知事「うまくやって」

 達増拓也岩手県知事は4日の定例記者会見で、民主党と維新の党が協議している新党について「党の名前とか、どういう形で合流するとかは手段。世の中や人々のためにやるという思いで、うまくやってほしい」と期待感を示した。
 中国の春秋戦国時代を引き合いに「合従連衡で世の中をいい方に変えていこうと思う人たちは、まずは自分たちの徳を高めないといけない。一人一人の思いの深さ、志の強さの人間力で決まる」と持論を展開した。
 かつて民主党と自由党が合併した経緯にも触れ「大きくなった民主党が政権交代を果たし、連立政権をつくった。そういう方向になるかもしれないし、ならないかもしれない。やり方次第だ」と述べた。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年03月05日土曜日


先頭に戻る