福島のニュース

<避難解除>楢葉に「戻る、戻った」50%

 復興庁は4日、福島第1原発事故に伴う避難指示が解除された福島県楢葉町で1月に実施した住民意向調査の結果を公表した。「楢葉町に戻った」は7.6%で「今後戻る」の43.1%と合わせても50.7%にとどまった。
 4回目の意向調査で、2015年9月の避難指示解除後は初めて。「まだ帰還するかどうか判断できない」は34.7%で、14年10月の前回調査より7.8ポイント減ったが、「戻らない」は25.9%で3.0ポイント増えた。
 「今後戻る」の内訳は「早期に戻る」8.4%、「条件が整えば戻る」34.7%。条件の必要性を挙げた人に具体的な内容(複数回答)を聞いたところ「医療・福祉施設の再開・充実」が74.8%、「生活用水の不安の解消」が62.1%、「防犯対策の強化」が58.9%などとなった。
 年代別で見ると「戻った」「今後戻る」と答えた人の割合は70歳以上で60.4%、60代で58.0%に上った。30代は26.9%、29歳以下は24.4%。
 全体の回答率は56.1%だった。


2016年03月05日土曜日


先頭に戻る