宮城のニュース

<危険箇所警戒区域>名取など59ヵ所を指定

 宮城県は4日、土砂災害防止法に基づき名取、岩沼、登米、栗原4市の危険箇所計59カ所を警戒区域に指定した。うち43カ所は住宅建築が制限される特別警戒区域を含む。内訳は名取15、岩沼9、登米13、栗原22。県内の危険箇所は8482カ所あり、今回で警戒区域は2178カ所になった。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年03月06日日曜日


先頭に戻る