宮城のニュース

<ベガルタ>最前列から「ベガ女」声援

今季新設された「ベガ女シート」は最前列で、選手を間近に見られる

 J1仙台を運営するベガルタ仙台が今季新設した女性限定席「ベガ女シート」から、黄色い声援が次々と飛んだ。バックスタンド最前列の席に女性サポーターが陣取り、選手の息遣いも聞こえる間近での観戦を楽しんだ。
 ベガ女シートの導入はファン層の拡大が目的。同じエリアの指定席の半額以下の2000円とお買い得で、歓迎する声が聞かれた。
 菅井直樹、水野晃樹両選手のファンという仙台市宮城野区の会社員斎藤藍さん(31)は「(近い)サイドの選手が見やすい。自由席とほぼ同じ価格なので利用しやすい」と満足そう。太白区から親子で観戦に訪れた会社員木皿菜々さん(24)は「臨場感がある。試合中にずっと立っているサポーター自由席と違うので、友達を誘いやすくなった」と語った。
 1試合につき50席と限られるシートは、今節と同様、次節12日の鹿島戦のシートも既に完売している。木皿さんの母でパートの理恵さん(51)は「気軽にチケットを買うためにも、もっと席を増やしてほしい」と要望した。


2016年03月07日月曜日


先頭に戻る