宮城のニュース

<楽天>打線振るわず連敗

 東北楽天は終盤に猛攻を受け、2連敗した。先発の塩見貴洋は4回無失点と好投。2番手の森雄大が制球に苦しみ七、八回で計5失点と乱れた。打線は5安打と振るわず、九回の1得点にとどまった。
 ソフトバンクは八回に4連打で3点を挙げるなど打線が奮起した。

 東北楽天−ソフトバンク(12時30分、倉敷、17,347人)
ソフトバンク000000230=5
東北楽天  000000001=1
(勝)スアレス2試合1勝
(敗)森2試合1勝1敗

☆イヌワシろっかーるーむ
<池山隆寛打撃コーチ(ソフトバンク和田毅と初対戦し、三ゴロのオコエ瑠偉=東京・関東第一高=について)>
「事前に相手をよく見るよう指示したが、準備不足でタイミングが合っていなかった。アマチュアとは違うので、自分でしっかりやらないといけない」

☆梨田の話ダ
<もったいない>
 「五、六回は素晴らしかったのに七、八回は球数が多くなった。もったいない。五、六回のような投球をうまく自分のものにしてもらいたい」(4回5失点の森に)


2016年03月07日月曜日


先頭に戻る