宮城のニュース

<ベガルタ>ホーム初戦 復興ライブ

試合前の復興ライブで熱唱した歌手のティーナ・カリーナさん

 サッカーJ1仙台のホーム開幕戦を迎えた仙台市泉区のユアテックスタジアム仙台で6日、仙台市在住のシンガー・ソングライター、ティーナ・カリーナさん(30)による「復興ライブ」があった。
 復興ライブは昨季始まり、人気アーティストらが毎回出演している。今季最初のライブに、ティーナさんは仙台のユニホーム姿で登場。ピッチ上で、自作の「あんた」「輝いて」の2曲を熱唱し、観客から大きな拍手を受けた。キックオフ直前には、君が代の独唱も披露した。
 J1仙台を運営するベガルタ仙台は、東日本大震災の被災者らを元気づけようと、今季もホーム戦でのライブを企画している。


2016年03月07日月曜日


先頭に戻る