宮城のニュース

<東日本放送>あすと長町へ本社移転

東日本放送の新本社社屋の移転予定地=仙台市太白区あすと長町1丁目

 東日本放送は8日、仙台市青葉区双葉ケ丘2丁目にある本社社屋を、太白区あすと長町1丁目に移転新築すると発表した。2021年度の使用開始を目指す。
 移転予定地は、JR東北線と市地下鉄南北線の東側にある土地区画整理事業地内の約6600平方メートル。北側に市立病院、西側にゼビオアリーナ仙台がある。7日付で所有者の日本通運(東京)と土地取得契約を結んだ。
 新社屋の規模や着工時期、総事業費は未定。6月ごろに新社屋建設委員会(仮称)を設け、具体的なスケジュールなどを詰める。
 同社の担当者は「あすと長町地区は交通の利便性が高く、地域と交流できる場所として最も適していると判断した」と説明した。
 現在の本社社屋は開局15周年を記念し、1991年に建設された。移転後の利用方針は未定。


関連ページ: 宮城 経済

2016年03月09日水曜日

先頭に戻る