宮城のニュース

<震災5年>流出回収の写真4万枚展示返却

 東日本大震災の津波で流され、回収された写真約4万枚の展示返却会が10〜12日、宮城県女川町の町まちなか交流館である。担当者は「震災から5年がたち、大切な写真を一人でも多くの持ち主に返したい」と話す。
 写真を保管する同町の情報サービス業オーテックが主催。入学式や卒業式、成人式、結婚式などの記念写真、旅行先や家族との写真を展示する。町内で発見された地区ごとにカタログ約240冊に収めている。
 本人や家族の写真は持ち帰ることができる。身分を証明する運転免許証や保険証などが必要。
 写真は自衛隊員や消防隊員、被災者らが町に届けた。ボランティアらが洗浄や手入れをした後、町内で展示、返却してきた。昨年3月11日に町総合体育館で展示後、同社が保管している。展示返却会は午前10時〜午後5時。連絡先は同社0225(53)5731。


関連ページ: 宮城 社会

2016年03月09日水曜日


先頭に戻る