宮城のニュース

<楽天>アマダー開幕絶望 左手首けが

アマダー内野手

 東北楽天は8日、左手首の痛みを訴えていたアマダー内野手が7日に東京都内の病院で診察を受け、「三角線維軟骨複合体損傷」と診断されたと発表した。全治に約8週間掛かる見込みで、開幕戦出場は絶望的となった。
 球団によると、今後は4週間程度、患部を固定させる必要がある。状態によっては、有鈎骨(ゆうこうこつ)除去手術も検討しているという。
 今季加入したアマダーは昨季のメキシカンリーグで、打点王と本塁打王の2冠に輝いた長距離砲。同じく新加入のゴームズ、来日2季目のウィーラーとともに主軸候補として期待されていた。打撃では2月の対外試合でも2本塁打を打つなど結果を残し、一塁や指名打者で定位置を争っていた。


2016年03月09日水曜日


先頭に戻る