岩手のニュース

<奥州女性殺害>求刑通り無期懲役判決

 岩手県奥州市前沢区で昨年5月、水道検針に訪れた同市水沢区の会社員伊藤友美さん=当時(31)=を殺害したとして、殺人や強制わいせつなどの罪に問われた同市前沢区裏新田、農業渡辺豊被告(40)の裁判員裁判で、盛岡地裁は8日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 岡田健彦裁判長は判決理由で「被害者の受けた恐怖や屈辱は想像を絶する。ひどい暴行やわいせつ行為を執拗(しつよう)に加えた犯行は、卑劣で凶悪と言える。動機は一方的な意思によるもので身勝手極まりない」と結論付けた。
 弁護側はこれまでの公判で、殺人罪は認めた一方で強制わいせつ罪を否認し、暴行罪の適用を主張した。
 岡田裁判長は、渡辺被告が伊藤さんの両手首に手錠を掛け、衣服をはぎ取るなどした行為を強制わいせつ罪と認定。「強い性的意図があったことは明らかだ。供述は到底信用できない」と退けた。渡辺被告の弁護人は同日、控訴しない意向を示した。
 伊藤さんの母親は「無期懲役になったとしても娘は戻らない。判決を胸に刻み自分のしたことを悔いてほしい」との談話を出した。
 判決によると、渡辺被告は昨年5月22日、水道検針のため自宅に訪れた伊藤さんにわいせつな行為をし、伊藤さんに覚せい剤を使用した後、手で首を絞めて殺害し、遺体を山林に埋めた。


関連ページ: 岩手 社会

2016年03月09日水曜日


先頭に戻る