秋田のニュース

<bj秋田>復興祈念ユニ披露

新しいユニホームを披露する選手たち

 プロバスケットボールTKbjリーグの秋田ノーザンハピネッツは9日、東日本大震災から5年を迎えるのに合わせ、震災当時のデザインを復刻したユニホームを秋田県庁で披露した。
 チームカラーのピンクが基調。復興への願いと東北の連帯感をサクラのデザインで表した。リーグ優勝という大輪の花を咲かせたいとの願いも込めたという。
 仙台市で被災した元仙台の高橋憲一選手(35)は「被災した1人として、『一緒に頑張っているんだ』という思いが伝わってほしい」と語った。
 このユニホームは、4月2、3日の福島戦(秋田市立体育館)と、16、17日の青森戦(秋田県立体育館)で着用する。


関連ページ: 秋田 スポーツ

2016年03月10日木曜日


先頭に戻る