福島のニュース

<福島夫婦強殺>死刑が確定へ

 福島県会津美里町で2012年、夫婦を殺害して財布を奪ったとして強盗殺人罪などに問われ、一、二審で死刑とされた無職高橋明彦被告(49)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は8日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。
 この裁判では、一審福島地裁郡山支部で裁判員を務めた女性が、殺害現場の写真を見た後で急性ストレス障害と診断された。弁護側は「不安定な状態の裁判員を解任しなかったのは手続き違反」と主張。さらに「計画性が低かった」と死刑回避を求めていた。
 小法廷は「身勝手に近隣の民家を襲い、被害者をめった刺しにしており、非情で残酷だ」と指摘し、手続き違反もなかったとした。
 一、二審判決によると、高橋被告は12年7月、会津美里町の病院職員遠藤信広さん=当時(55)=宅に侵入。遠藤さんと妻幸代さん=同(56)=の首をナイフで刺して殺害し財布などを奪った。
 一審が求刑通り死刑を言い渡し、二審仙台高裁も支持していた。
 遠藤さんの遺族は「上告までして争った犯人に何かが伝わったとは思えませんが、今度こそ判決を真摯(しんし)に受け止めてほしい」とコメントした。


関連ページ: 福島 社会

2016年03月09日水曜日

先頭に戻る