宮城のニュース

サーティワン一番町店 賃金未払い是正求め申告

 サーティワンアイスクリーム仙台一番町店(仙台市青葉区)の契約社員の元店長や元学生アルバイトら3人が9日、賃金未払いが労働基準法違反に当たるなどとして、仙台労働基準監督署に是正を求め申告した。
 申告内容は、(1)不正確な賃金計算で未払いがある(2)閉店後の深夜も1人勤務を強いられた−など15項目。
 記者会見した30代女性元店長の場合、昨年6〜8月の3カ月で約130時間の未払いがあり、役職手当や持ち帰り残業分にも未払いがあるという。休憩室にはカメラが設置され、「人権侵害にも当たる」と訴えた。
 元店長は抑うつ状態と診断され、昨年9月に休職し、12月に退職した。「精神的につらい思いをし、辞めた仲間が何人もいた」と語った。労働組合のみやぎ青年ユニオン(仙台市)に加入し団体交渉を2回行ったが、改善の見込みがないため申告に踏み切った。
 同店はB−Rサーティワンアイスクリーム(東京)のフランチャイズ店で、エイ・ワイ・エス(仙台市)が運営。同社は「未払い賃金の一部を支払うよう手続きを進めている」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年03月10日木曜日


先頭に戻る