広域のニュース

<北海道新幹線>まるごと青森駅弁26日登場

北海道新幹線開業日に発売される(右から)盛岡、秋田両支社が開発した駅弁

 北海道新幹線の開業を記念し、JR東日本の盛岡、秋田両支社はそれぞれ、管轄する青森県の食材をふんだんに使った駅弁を開発した。ともに開業日の26日に発売する。
 盛岡支社の商品は、青森県内の若手シェフ5人が監修した「大人のこだわり贅沢(ぜいたく)フルコース」(1500円)。青森ほたての煮汁合わせシャリ、赤ワインレーズン飯、鴨肉のポワレなど9種類のメニューを一箱に詰め込んだ。新青森、青森、盛岡の各駅で1日計50個を販売する。
 秋田支社は、快速観光列車「リゾートしらかみ」が走る五能線沿線の素材を詰め合わせた「白神の春をさがしにいきませんか」(1300円)を開発した。津軽地方に伝わるいなりずしや秋田県産ばっけみそ、煮りんごが味わえる。5月末までの限定で、1日計30個を秋田駅などで扱う。夏以降、季節ごとのシリーズで新商品を販売する予定。
 盛岡の嶋誠治、秋田の白石敏男両支社長らが9日、青森県庁を訪れ、新商品を紹介した。試食した三村申吾知事は「地域の食材を使ってもらい、大変おいしい弁当に仕上がった」と太鼓判を押した。


関連ページ: 広域 経済

2016年03月10日木曜日


先頭に戻る