岩手のニュース

<北上市議会>地域FM整備費 可決

 岩手県北上市議会2月通常会の最終日は10日、2016年度一般会計当初予算案からコミュニティーFM導入に向けた整備費を削除する修正案を賛成少数で否決し、原案を賛成多数で可決した。
 市は公設民営型コミュニティーFM導入に向けた電波調査や放送局設計などの地域情報システム整備費1900万円を計上。市議4人が「FMありきで市民の声を聞いていない」などとして修正案を提出。賛成9、反対15で否決された。
 市は17年度中に基本設計や公募による運営事業者を決め、18年度開局を目指す。高橋敏彦市長は「災害時や行政、地域情報を発信するために重要」と話した。
 通常会はまた、学校のいじめなど重大事態に対応するため専門家らの第三者委員会を常設する「市いじめ問題対策連絡協議会等条例」など30議案を可決した。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年03月11日金曜日


先頭に戻る