宮城のニュース

<ベガルタ>関、1年ぶりリーグ戦先発で完封

仙台―鹿島 後半33分、相手のクロスをパンチングではじく仙台・GK関(右)

 1年ぶりのリーグ戦先発となったGK関が、2連勝中の鹿島を完封。後半は猛攻を受けながら好セーブを連発し、「うれしい。自分はいっぱいいっぱいだったが、(仲間)みんなに助けられた」と喜んだ。
 ペナルティーエリア内に入ってきた球を積極的につかみにいって相手の好機を摘み、フリーとなった相手選手に向かって体を投げ出して失点を防いだ。渡辺監督も「集中力の高さを見せてくれた」と評価した。
 前節の試合中に右足首を痛めた六反の代役を見事に果たしたが、「試合終了と同時に次の名古屋戦のことで頭がいっぱい。もっといい準備をしなければいけない」と気を引き締めた。


2016年03月13日日曜日


先頭に戻る