宮城のニュース

<仙台空港>「イチゴまんじゅう」発売

イチゴの風味を楽しめる「杜の菓子 もりか」

 栗原市の洋菓子・パン製造販売「パレット」は11日、仙台空港の売店で県産イチゴを使ったまんじゅう「杜の菓子 もりか」を発売した。観光客やビジネス客の土産として売り出す。
 イチゴジャムを練り込んだ白あんを、しっとりしたミルク風味の生地で包んだ。食べると甘酸っぱさが口いっぱいに広がる。
 同社と仙台エアポートサービス(名取市)が「新しい仙台空港の土産用菓子を作ろう」と共同開発した。パレットは商品開発を、仙台エアポートサービスがパッケージなどを担当した。
 パレットの高橋寛社長は「まんじゅうでイチゴミルクのような味わいを再現した。県産イチゴの新鮮さを味わって」とPRした。4個入り500円、8個入り1000円(ともに税込み)。連絡先はパレット0228(22)8010。


関連ページ: 宮城 経済

2016年03月15日火曜日


先頭に戻る