宮城のニュース

<ふるさと名品>宮城・山元産ワインが最優秀

 内閣府などは15日、地域の魅力を伝える商品や住民活動を掘り起こす「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」の初の表彰式を東京都内で開き、宮城県山元町産のイチゴを使ったスパークリングワインなどに最優秀の「地方創生賞」を贈った。
 スパークリングワインは、東日本大震災で被災した町の再生に協力しようと、地元出身の岩佐大輝さん(38)らの農業生産法人が商品化。1粒千円の値が付くこともある「ミガキイチゴ」を使った味わいや、地域への貢献が高く評価された。
 地方創生賞はほかに、インターネットショップ「米・雑穀のみちのく農業研究所」で宮城県村田町から農産物を直販している長浜洋平さん(42)と、規格外の野菜などを原料に使ってクレヨンにした「おやさいクレヨン」を製造、販売する青森市の企業が受賞した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年03月16日水曜日


先頭に戻る