宮城のニュース

<楽天>2番手安楽、収穫と課題

 五回から2番手で登板した東北楽天の安楽智大は3回4安打1失点。「強い真っすぐを投げられたが、スライダーの精度が良くなかった」と、収穫と課題を口にした。
 直球は最速148キロを記録し、打者を差し込ませた。五、六回とも走者を出したが、後続を断ち無失点。七回は要所で変化球が甘く入り、2安打と犠飛で1点を失った。
 16日以降は2軍で調整する。梨田監督は「6連戦の時に先発枠に入れるだけのものは持っている」と話し、4月上旬の6連戦での先発起用に含みを持たせた。


2016年03月16日水曜日


先頭に戻る