山形のニュース

<天童いじめ自殺>担任と部活顧問を減給

 山形県天童市の天童一中1年の女子生徒=当時(12)=が2014年1月にいじめを苦に自殺した問題で、山形県教委は15日、適切な対応を取らなかったなどとして、当時の学級担任と、女子生徒が所属していたソフトボール部顧問を減給10分の1(3カ月)、学年主任と教頭を戒告の懲戒処分にした。4人はいずれも男性。
 県教委によると、担任(20代)と顧問(30代)は、女子生徒が人間関係で悩んでいることを知りながら適切に対処せず、保護者から相談があったにもかかわらず責任者への報告や相談をしなかった。学年主任(50代)は生徒指導上の連絡調整をせず、教頭(同)は管理責任を果たさなかった。
 記者会見した中井義時教育次長は「担任と顧問はいじめの予見義務を怠った」と指摘。いじめの中心となった同級生らが中学3年という状況を踏まえ「処分により、生徒ら自身が卒業する前に事件を整理して命の大切さを感じてほしかった」と述べた。
 退職した当時の校長については「重大な管理監督責任がある。仮に現職であれば学級担任と同じ減給処分に値する」と強調した。
 県教委は、天童市教委の第三者調査委員会が「いじめが主要な原因」と認定した報告書を参考にしたほか、ことし1〜2月、処分対象者を含む関係者から聞き取りして処分を決めた。
 天童市教委は同日、内規に基づいて水戸部知之教育長(70)を文書訓告、前教育次長、前学校教育課長(ともに50代男性)を口頭厳重注意処分にした。


関連ページ: 山形 社会

2016年03月16日水曜日


先頭に戻る