宮城のニュース

発達障害へ理解を 栗原で連続講演会

 栗原市の障害者就労支援事業所「NPOステップアップ」は24日から、市内で連続講演会「地域啓発セミナーinくりはら」を開く。発達障害を4回にわたって取り上げ、障害があっても働きやすい地域づくりへの理解を深めてもらう。初回は「発達障害の基礎」。発達障害のある人の自立支援に取り組むNPO法人自閉症ピアリンクセンターここねっと(仙台市若林区)の黒沢哲センター長が講演。ここねっとの利用者が体験談を披露する。
 2〜4回のテーマは「発達障害の方へのかかわり方について」(5月18日)、「就労支援(1)就労までの流れ」(7月21日)、第4回の「就労支援(2)定着支援の実際」(9月29日)。ステップアップの二階堂修一所長は「発達障害は理解が深まっていると言えない。学校は出たものの職場になじめないという例は多い」と説明する。
 第1回は午後3〜5時。会場は栗原市築館の市市民活動支援センター。無料。定員100人。申し込み締め切りは17日。連絡先は0228(24)7350。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年03月17日木曜日


先頭に戻る