青森のニュース

<青森銀>女性管理職3割増やします

 青森銀行は3期で構成する女性活躍推進行動計画(2016〜24年度)をまとめた。18年度までの第1期「ウーマン・アクティブプログラム」は、女性の管理・監督職者を16年3月末比で3割増やす目標を設定した。人事部内に4月1日、女性活躍推進室を設け、各種施策を実践する。
 計画は女性が生き生きと仕事ができる職場を目指し、組織活性化、生産性向上につなげることを理念に据える。第1期のプログラムは(1)意識啓発(2)キャリア開発(3)ワーク・ライフ・バランス支援(4)地域交流・支援−で構成。女性向け職域拡大研修の実施や就業時間の見直し、朝方勤務の推奨といった18項目の取り組みを進める。
 専任2人を充てる推進室は、プログラムの進行を管理する。状況に応じて施策内容を充実させ、第2、3期の目標や施策を設定する。同行は15年4月、本部、営業店担当者で組織するワーキング・グループを設け、プログラムを策定した。


関連ページ: 青森 経済

2016年03月17日木曜日


先頭に戻る