宮城のニュース

<富谷町議会>市制移行議案を可決

全会一致で可決された市制移行議案の起立採決

 宮城県富谷町議会は17日あった3月定例会で、10月10日に市制移行する議案を全会一致で可決した。若生裕俊町長は22日に県庁を訪れ、村井嘉浩知事に富谷市移行を申請する。
 採決に先立ち、全6会派の代表が「福祉向上と地域活性化には市制移行が最適」などと賛成討論。反対討論はなく、可決後は議員から拍手が起きた。
 町は、2015年国勢調査の速報値で町人口(5万1592)が市制移行に必要な5万を上回ったため関連議案を提出。同日、町役場で会見した若生町長は「感無量だ。賛成討論を感極まる思いで聞いた。つつがなく移行できるよう、準備を進めたい」と述べた。
 議場で傍聴した同町の大学2年伊藤雅人さん(20)は「富谷のイメージが良くなりそう。町より市の方が行政も何かと動きやすいだろう。どんどん住みよくなってほしい」と話した。
 町議会は、移行後に住所表示から統一的に「字(あざ)」を除く議案も賛成多数で可決した。富谷町富谷字町など3地区は、字を抜くと「富谷市富谷町」などと紛らわしいとして例外的に「富谷市富谷新町(しんまち)」などと変更する内容。町議1人は反対し、「元の住所表示に愛着を持ち、変更を望まない住民も多い」と述べた。
 定例会はこのほか、総額129億2600万円の2016年度一般会計当初予算など33議案、町議会委員会条例の一部改正など議員発議2件を原案通り可決し、閉会した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年03月18日金曜日


先頭に戻る