宮城のニュース

<ツタヤ図書館>読書通帳7000冊贈呈

竹中社長(右)から読書通帳を贈られた天真小の児童

 21日に宮城県多賀城市のJR仙石線多賀城駅前に移転開館する市立図書館を利用する子どもたちの読書に役立ててもらおうと、東北電機製造(多賀城市)が、市に読書通帳7000冊(210万円相当)を贈った。
 市立図書館では、図書館で借りた本のタイトルと日時を記帳する読書通帳システムを東北で初めて導入する。本を借りる際、館内の通帳機で記帳する仕組みで、本を読む励みにしてもらう。通帳は市内6小学校約3500人に無料配布され、未就学児と中学生には希望者に窓口で発行する。
 17日に新図書館であった贈呈式で、東北電機製造の竹中陽一社長(60)は「本を読んで大きく成長し、世界に羽ばたく人になってください」と天真小の児童5人に通帳を手渡した。4年益巴奈佳さん(10)は「通帳がいっぱいになるぐらい本を読み、学びたい」とお礼の言葉を述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2016年03月18日金曜日

先頭に戻る